メニュー

病気の相談はお医者さん。こころの悩みはお坊さん。お寺はこころの杖。

  • 位牌堂、五重塔

    仏壇の代わりとして「位牌堂」を。お墓の代わりとして「五重塔」を利用してはいかがでしょうか。

  • 仏教的Blog

    「これは仏教的」と感じるモノ、出来事、音楽、芸術などについてお話します。

  • らんぷ社会福祉士事務所

    お寺の中にある らんぷ社会福祉士事務所です。
    「最期まで私らしくありたい」を叶えるために本当に必要なサービスをご用意しました。

住職挨拶

 

HPをご覧いただきありがとうございます。

一宮市妙興寺にある西住院(せいじゅういん)です。場所は妙興寺駅南口から歩いてすぐです。

このHPでは、お寺の由緒、活動を紹介しています。

ブログでは、日々生活していて仏教的だと感じた出来事を綴っています。楽しく読んでもらえれば幸いです。

納骨堂、位牌堂、永代供養、お墓の引越し、仏壇、葬儀など、先祖供養のご相談も沢山寄せられています。各家庭によって、供養のあり方は様々です。どのように先祖供養していけばよいかとお困りの際は、お気軽にご相談ください。一番良い方法を一緒に考えましょう。

 

また、お寺の中には、高齢者の一人暮らしの不安、障がい者の親亡き後のこと(いわゆる親亡き後問題)、障がい者の地域移行を支援する「らんぷ社会福祉士事務所」があります。専門スタッフが相談対応します。まずは、電話、メールにてご相談ください。

Facebookページでもらんぷの取り組みを発信しています。ご覧ください。

らんぷ社会福祉士事務所 Facebookページ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

西住院経文会

禅宗でなじみの深い般若心経などのお経を読む会です。キョウモンカイと言います。ただただお経を一所懸命に読む「お経三昧」の時間は、心地良いものです。お経を読む時間は、休憩をはさみながら1時間程度です。

開催日時

毎月第2土曜日 午後2時〜

※8月はお休みです。

開催場所 当院本堂
参加費 1回500円

参加にあたって事前連絡は不要です。また、今までお経を読んだことがない方にも、丁寧にご指導しますので、お気軽にご参加下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA お経会の様子です。毎回15名程度参加されています。

お問い合わせ

お寺の由緒

寺院紹介

寺  号 西住院(せいじゅういん)
宗  派 臨済宗 妙心寺派
開  基 伝心和尚 明徳2年(1391年)
中興開山 誠岳和尚 大正7年(1918年)
本  尊 聖観世音菩薩
霊  場 尾張八十八か所霊場 創立記念仏「旭地蔵大菩薩」 

《由 緒》

当院は妙興寺(正式名称:妙興報恩禅寺)の塔頭(たっちゅう)のお寺です。

塔頭とは、高僧が一山の住職を退いた後、隠居所として建てた小院のことです。

伝心和尚は、妙興寺の住職を退いた後、妙興寺の境内(現在、雪爪庵がある場所)に、「西住院」を開き、示寂(じじゃく)するまでの間を過ごされました。

当院8世以後は無住になったため、本坊である妙興寺にて護持されていましたが、大正7年、誠岳和尚(俗名:鎌田磯右エ門)により再興されました。
再興にあたり、当院の場所は妙興寺の境内から現在地に移されました。

当院の仏さまを紹介します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

虚空蔵菩薩(コクウゾウボサツ)

智慧の仏さま。
ご利益は智慧や記憶といわれており、受験の仏さまでもあります。
仏教で学ぶ「智慧」とは普段わたしたちがつかう「知恵」と少しちがうようです。
「知恵」は社会のことが分かる知識のことで、「智慧」は自分のこころを知るということです。

臨済宗妙心寺派の禅僧である松原泰道師は、著書の中で、この「智慧」を車に例えて表現されていました。

「知恵」と「智慧」は違います。知恵はいわばヘッドライトで、自分の外界のことを観察する頭脳の機能(はたらき)です。現代人の知恵の光度は極めて高いように思われます。一方の智慧はいうなれば室内灯で、自分の内部を観察する心の効用(はたらき)です。私たちの智慧の光度は、知恵のそれに比べて甚だしく低いのは悲しいことです。だから自分がよく見えないのです。(百歳で説く「般若心経」より抜粋)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

不動明王(フドウミョウオウ)

お不動さんの呼び名で親しまれています。

世の中の人々を平和にしたいという決意である「菩提心」のゆるぎないことから、厳しい表情で右手に剣をもち、火炎をまとっています。

わたしたちの心のなかにある煩悩を断ち切るという力強い仏さまです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阿弥陀如来(アミダニョライ)

阿弥陀さまをこころのたよりにして生きていくと、大きな安心が得られます。
阿弥陀さまの前では、その功徳を信じて「ナムアミダブツ」とお唱えしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

五重塔(ゴジュウノトウ)

大正14年10月、当院を再興した誠岳和尚と、西住院の地にお墓をもつことを望んだおおくの信者さんたちの手により建立されました。現在も五重塔は、歴代の住職、檀信徒の方の永代供養墓としています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旭地蔵大菩薩(アサヒジゾウダイボサツ)

《博多崇福寺に祀られている旭地蔵菩薩との縁》

昭和7年11月、中興開山の誠岳和尚は、師匠である妙興寺の喝山窟老師のお見舞いのため、福岡の崇福寺を訪れました。
その際、誠岳和尚は崇福寺にお祀りされている旭地蔵尊に尊い気持ちを感じ、また不思議なことに、崇福寺に一週間の滞在中、旭地蔵尊より二夜続けてお告げがあったそうです。

お告げをうけた誠岳和尚は、崇福寺から帰ってくると旭地蔵尊の分身を当院にお迎えし、尾張八十八か所霊場を創立して人々の健康と心の安心を願いました。
現在も、旭地蔵大菩薩は「病気の治癒」と「万病予防」の仏様として、当院にお祀りしていますので、お気軽にご参拝ください。

交通手段

名鉄本線「妙興寺駅」南口を出て徒歩3分。白い壁(掲示板あり)と五重塔を目印にお進み下さい。お寺の入り口は、南側の黒壁が目印です。

駐車場もございますので、お気軽に来院ください。

 

《西住院アクセス》

〒491-0922

愛知県一宮市大和町妙興寺2853番地

TEL:0586-45-1029

お問い合わせ