メニュー

仏教的Blog

「これは仏教的」と感じるモノ、出来事、音楽、芸術などについてお話します。星の数は、主観的仏教度の目安です。
★★★★★(星5つ)→いつも身近においていたい
★★★★☆(星4つ)→何度も直接ふれてみたい
★★★☆☆(星3つ)→直接ふれてみる価値あり
★★☆☆☆(星2つ)→時間があればふれてほしい
★☆☆☆☆(星1つ)→知っておきたい

『砂時計』×仏教『刹那』

  • 主観的仏教度:★★☆☆☆(星2つ)

    2014.12.09

    未分類

    shapeimage_2

    まだ起きてもいないことを妄想して心が不安になる。
    過去の出来事に後ろ髪を引かれて後悔ばかりしている。
    過去にしばられていては夢ある未来は想像しづらく、今やるべきことにも集中できないものです。

    砂時計は、「過去、現在、未来」という目には見えない時間を形にしたものといえます。
    砂時計の上にたまっている砂は、これからやってくる時間、つまり寿命。与えられた砂の量は、人それぞれ異なります。
    わたしの人生に、あとどれだけの砂が残っているのか誰にも分かりません。
    しかし、砂に限りがあるということは確かです。立派なひとでも、怠け者でも砂に限りがあるということに変わりありません。
    下に落ちていった砂は過去のできごと。一旦、下に落ちた砂を上に戻して「あの時に戻ってもう一度やり直します」とはいきません。
    肝心なのは、いま現在をどう生きていくかということです。ボケッとしていると、どんどん時間は経っていきます。

    過去より未来より大事にしたい「今」は、一瞬一瞬といった短い時間のことだと思います。
    仏教で、時間の最小単位は「刹那(せつな)」といいます。
    一刹那(ひとせつな)の長さは、一弾指(いちだんし=指をパチンとはじくこと)の65分の1だそうです。とてつもない一瞬、ということだと思います。
    刹那の連続が過去になり未来になります。今に全力を注ぐことが一大事です。

全ての記事一覧