メニュー

仏教的Blog

「これは仏教的」と感じるモノ、出来事、音楽、芸術などについてお話します。星の数は、主観的仏教度の目安です。
★★★★★(星5つ)→いつも身近においていたい
★★★★☆(星4つ)→何度も直接ふれてみたい
★★★☆☆(星3つ)→直接ふれてみる価値あり
★★☆☆☆(星2つ)→時間があればふれてほしい
★☆☆☆☆(星1つ)→知っておきたい

『ティンガティンガ』×仏教『活潑潑地』

  • 主観的仏教度:★★★☆☆(星3つ)

    2014.12.19

    未分類

    shapeimage_2-2

    「活潑潑地=かっぱっぱっち」と読み、活発の語源です。こころが自由で活き活きとしている様子を表す言葉です。
    ティンガティンガアートは、アフリカのタンザニアで描かれる絵画や木像です。どの作品も生命力が湧き出ているようで、まさに活潑潑地です。ティンガティンガを描くアーティストも、アフリカの大自然のなかでたくましく活き活きと、活潑潑地に生活しているのだと思います。

    仏教を勉強するのは、知識をたくさん得て難しい仏教書を読めるようになるためや、哲学者や学者になるためではありません。毎日、活潑潑地に生活するために仏教を勉強するのだと思います。なので、仏教を理解するには本からの知識だけでなく、お経をよんだりといった実践が必要になります。実践のことを「行(ぎょう)」といいます。
    行に無心で取組んでいくと、迷いを離れて活潑潑地に生活することができるのだと思います。

    大自然のなかでうまれるティンガティンガアート、まさに、アフリカにブッダあり。活潑潑地です。

全ての記事一覧